【大阪版】眼瞼下垂の治療ガイド HOME » その症状は眼瞼下垂?いますぐできるセルフチェック

その症状は眼瞼下垂?いますぐできるセルフチェック

まずは自分で眼瞼下垂かどうかをセルフチェック!可能性を調べましょう。

その症状は眼瞼下垂?

自分のまぶたの状態が眼瞼下垂かどうか、まずセルフチェックで自己診断してみましょう。次の項目に当てはまるものがあればチェックして、いくつ当てはまるかで眼瞼下垂かを判断していきます。

眼瞼下垂セルフチェック

  • 頭痛や肩こりがある
  • 花粉症である
  • 腰痛がある
  • ドライアイである
  • 不眠である
  • 体が疲れやすい
  • おでこに深いしわがある
  • コンタクトレンズを20年以上使用している
  • 目をこする習慣がある
  • アイメイクをする習慣がある
  • 毎日パソコンを使う時間が長い
  • お花のイラスト上まぶたがくぼんでいる
  • まぶたが重く感じる
  • 顎を突き出すクセがある
  • 昔に比べると目が小さい気がする
  • 目と眉毛の間隔が広くなってきた
  • 夕方になると目の奥に重みを感じる

上記の項目で、あてはまるものが多い人は、以下の自己検査を行ってみてください。

【診断結果】

上記のチェックリストのなかで、10個以上チェックが付いた方は眼瞼下垂が強く疑われます。6~9個は中程度、4~5個は弱程度です。それ以下ならば、眼瞼下垂である可能性は低いため、別の治療を考える必要があります。

さらに眼瞼下垂かどうかを調べるためには次の眉ブロックテストをやってみましょう。

眼瞼下垂の眉ブロックテスト

まず垂直に立てた鏡を用意します。おでこの力を利用せずに、眉毛を上げてみるテストです。

(1)鏡の前で優しく目を閉じます

(2)まぶたを閉じたままで、黒目が下を向くように下を見ます

(3)おでこの力を抜いてリラックスします

(4)人差し指を眉の上にのせて、眉が動かないように固定します

(5)そっとまぶたを開きます

この状態で目が開きにくかったりおでこに力が入ったりしてしまう方は、眼瞼下垂の可能性があります。

ただし、眼瞼下垂の原因は多岐にわたるため、診断をしただけでは正しい治療方法はわかりません。もしも眼瞼下垂の可能性があるとわかった場合は、早めにクリックに行き、医師による適切な診断を受けましょう。

もしかしたら眼瞼下垂かも!知っておきたい眼瞼下垂の基礎知識

上でご紹介したセルフチェックをしてみて「私、もしかしたら眼瞼下垂かも……」と感じている方もいるかもしれませんね。

以下のページでは「眼瞼下垂ってセルフケアでよくならないの?」「予防するにはどうしたらいいの?」などといった気になるポイントを解説しています。眼瞼下垂に関する基礎知識を学び、ぜひ予防や症状の緩和に役立ててください。

眼瞼下垂とはどんな病気?

眼瞼下垂について「まぶたが重くなる」「目つきが悪くなる」といった症状が現れることは知っていても、どんな病気なのか詳しく知らないという方も多いはずです。

以下のページではそもそも眼瞼下垂とはどんな病気で、どのような人がなりやすいのか。代表的な治療法にはどういったものがあるかなどの基礎知識を解説しています。

眼瞼下垂ってなにが原因で起こるの?

眼瞼下垂は、生まれつき症状がある「先天性眼瞼下垂」と生活習慣などで引き起こされる「後天性眼瞼下垂」が存在します。

眼瞼下垂になる原因は先天性眼瞼下垂か後天性眼瞼下垂かによっても大きく異なるものです。以下の記事で眼瞼下垂の原因を知り、自分はどのような原因で眼瞼下垂になっているのかを知るための参考にしてください。

眼瞼下垂になるとどんな症状が現れるの?

眼瞼下垂は目つきが悪くなったり眠そうな目元になったりという外見的な症状がよく知られています。

しかし、実は眼瞼下垂によって二重線や涙袋に変化が現れたり、肩こりや頭痛といった身体的な諸症状が引き起こされるケースもあるのです。以下のページで眼瞼下垂によって引き起こされる外見的な症状と身体的な症状について学びましょう。

眼瞼下垂を予防するためにはどうすればいい?

眼瞼下垂の症状を知って「眼瞼下垂になりたくない!」「眼瞼下垂を悪化させたくない」と感じた方もいるでしょう。

後天性眼瞼下垂の場合、ちょっとした生活習慣を変えることで眼瞼下垂を予防できることがあります。

以下のページでは眼瞼下垂を予防するための生活習慣について解説していますので、眼瞼下垂を予防したいと感じている方はぜひ参考にしてくださいね。

眼瞼下垂をセルフケアする方法はないの?

眼瞼下垂の治療では手術を用いるケースが多いです。しかし、手術をする前にセルフケアで症状を緩和させたいという方もいると思います。

そのような方に向けて、以下のページでは眼瞼下垂を引き起こす要因となる「まぶたのたるみ」を改善するためのセフルケア方法をご紹介しています。

まぶたが重い病気って眼瞼下垂以外に何がある?

実は、まぶたが重いといった症状が出る病気は眼瞼下垂以外にもたくさん存在します。「まぶたが重いから眼瞼下垂だ!」と判断してしまうと、症状の悪化や事故など思わぬ危険を招いてしまう可能性もあります。

以下のページでは、まぶたが重いという症状が現れる眼瞼下垂以外の病気をご紹介しています。眼瞼下垂以外にもどのような病気が疑われるのか、セルフチェック時の目安にしてくださいね。

眼瞼下垂についてよくある疑問

眼瞼下垂の原因や予防法などを知っても、「眼瞼下垂の手術って保険は適用されるの?」「眼瞼下垂って遺伝するの?」など、疑問に思うことがたくさんあるはずです。

以下のページでは眼瞼下垂についてよくある質問とその回答をまとめていますので、眼瞼下垂についてもっと詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧
眼瞼下垂の手術を得意とする病院一覧

その症状は眼瞼下垂?
いますぐできる
セルフチェック

どれがおすすめ?
眼瞼下垂の手術法

手術の前に
知っておきたい
眼瞼下垂症治療の知識

【大阪版】
エリア別 眼瞼下垂の名医

【大阪完全版】
眼瞼下垂の手術を
得意とする病院一覧

サイトマップ