まぶたに症状が現れる病気について

「まぶたが重たくて目が開けづらい」「まぶたが下がって目つきが悪くなった」などの症状があると、何かの病気なのではと不安になりますよね。

この記事では、まぶたが重いときに考えられる病気についてご紹介していきます。

【症状別】まぶたが重いときに疑われる病気一覧

「まぶたが重い」といっても、見た目が重いのか動かすときに重いのか、痙攣などが起こってまぶたの動きが悪いのかなど、症状は人によってさまざまです。

ここでは、以下の症状別に考えられる病気をご紹介します。

  • 見た目が厚ぼったくなっている
  • まぶたが重くて目を開けづらい
  • 勝手にまぶたが閉じてしまう
  • まばたきの回数が増えた
  • まぶたに異物感や痛みがある

それでは、症状別に考えられる病気をチェックしていきましょう。

見た目が厚ぼったくなっている

見た目が厚ぼったくなりまぶたが重く感じられる場合には、まぶたや目の炎症、腎臓病、甲状腺の病気などが疑われます。

特に、甲状腺のホルモン分泌に異常をきたす「バセドウ病」では、まぶたやまつ毛の異常といった自覚症状が現れるケースがあります。まぶたの重さと同時に、息切れや動機、めまいなどがあるときはバセドウ病かもしれません。

まぶたが重くて目を開けづらい

まぶたが重たくて目を開けづらいときには、まぶたのたるみや目元の筋肉の衰えから引き起こされる眼瞼下垂の可能性が高いでしょう。

また、「見た目が厚ぼったくなっている」と同様に甲状腺の病気の疑いもあります。目を開けづらい症状以外にも気になることが無いかチェックしましょう。

勝手にまぶたが閉じてしまう

自分の意思とは関係なくまぶたが閉じてしまったり、まぶたを開けていられない状態が見られるときには眼瞼けいれんを起こしているかもしれません。

眼瞼けいれんでは両側のまぶたに異常が見られるのが特徴です。眩しさや目の乾きなども、症状として現れます。

まばたきの回数が増えた

まばたきの回数が頻繁になっていると感じる場合には、「勝手にまぶたが閉じてしまう」と同様に眼瞼けいれんを起こしていたり、片側顔面けいれんや神経の病気を発症していたりする可能性が高いです。

まぶたに異物感や痛みがある

まぶたが重い以外に異物感や痛みを覚えるケースでは、ドライアイが考えられます。

他にも「人と話している最中にも目を閉じたくなってしまう」などといった症状がある場合には、眼瞼けいれんも疑われます。

まぶたが重い病気はどうやって治療するの?

病気によって治療法はさまざまですが、神経に異常をきたしている場合には薬によって症状を和らげていく方法が主流になります。

眼瞼下垂のようにたるみや筋肉の衰えが原因の場合には、手術やマッサージによって症状を改善することが可能です。

「手術が嫌だから病院に行くのが怖い……」と感じている方でも、症状によっては手術なしで改善できるかもしれませんので、専門家に相談をしてみることをおすすめします。

自己判断は危険!まぶたが重いときには病院へ

まぶたが重いという症状が現れる病気はたくさんありますが、症状の程度は人によってさまざまです。

「まぶたが重い以外に異物感や痛みがあるから、多分ドライアイだろう」と自己判断していた人が実は眼瞼けいれんで、ある日突然運転中に目が開かなくなり、事故を引き起こしてしまった……などといった恐ろしい事例も存在します。

誤った自己判断は危険なため「まぶたが重い」と感じる方はすぐに病院へ行き、専門家による診断と適切な治療を行うようにしてくださいね。

目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧
眼瞼下垂の手術を得意とする病院一覧

その症状は眼瞼下垂?
いますぐできる
セルフチェック

どれがおすすめ?
眼瞼下垂の手術法

手術の前に
知っておきたい
眼瞼下垂症治療の知識

【大阪版】
エリア別 眼瞼下垂の名医

【大阪完全版】
眼瞼下垂の手術を
得意とする病院一覧

サイトマップ