まぶたのたるみのセルフケア方法

眼瞼下垂はまぶたのたるみによって引き起こされるケースがあります。この記事では眼瞼下垂の改善につもつながる、まぶたのたるみを改善するためのセルフケア方法をご紹介します。

日常生活で行える!まぶたのたるみを改善する日常的セルフケア

眼瞼下垂やまぶたのたるみは手術で改善することも可能ですが「まずはセルフケアでどうにかしたい」と感じる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、日常生活のなかに取り入れたいセルフケア方法をご紹介します。 

目元専用のパックやクリームを活用する

眼瞼下垂はまぶたのたるみやシワなどによっても引き起こされる場合がありますので、目元専用のパックやクリームを活用してたるみやシワを防ぎましょう。

まぶたは十分にスキンケアをしているつもりでも、頬や額に比べるとスキンケアが不十分となっているケースが多いため、特に意識してケアするようにしてくださいね。

目元のマッサージやエクササイズを行う

まぶたのたるみや筋肉の硬直は眼瞼下垂の要因となります。ツボ押しマッサージや表情筋エクササイズなど、簡単にできるものを日常的に取り入れて、まぶたのたるみや筋肉の硬直を予防するのも大切です。

目元には優しく触れるようにする

まぶたへの強い刺激は眼瞼下垂を引き起こす原因となるため、まぶたには優しく触れるようにしてください。

特に「コンタクトレンズをつけている」「拭き取りタイプのクレンジングでアイメイクを落としている」「目をゴシゴシこすることが多い」といった人は、なるべくまぶたに強い刺激を与えないように意識して生活してくださいね。

1日数分でOK!まぶたのたるみに効果的なセルフケアマッサージ

マッサージやエクササイズは眼瞼下垂に効果的なセルフケア方法のひとつです。次は、数分でできる簡単なマッサージとエクササイズをご紹介します。

ツボ押しマッサージ

  1. 眉の生え際あたりにある「攅竹(さんちく)」と呼ばれるツボに中指を置き、心地よいと感じる圧で押す
  2. 30秒程度押し続けたら、指を離す
  3. 眉山から1cmほど上の位置にある「陽白(ようはく)」と呼ばれるツボに中指を置き、心地よいと感じる厚で押す
  4. 30秒程度押し続けたら、指を離す

表情筋エクササイズ

  1. 全身の力を抜いて軽く目を閉じる
  2. 目元にギュッと力を入れて3秒キープする
  3. さらに強い力を入れて5秒キープする
  4. 力を入れたまま、5秒ほどかけてゆっくりと上まぶたを持ち上げる
  5. 1〜4を3回ほど繰り返す

リフレッシュしたいときやお化粧前など、習慣づけて行うことで、まぶたのたるみケアになります。ぜひ、取り入れてみてくださいね。

目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧
眼瞼下垂の手術を得意とする病院一覧

その症状は眼瞼下垂?
いますぐできる
セルフチェック

どれがおすすめ?
眼瞼下垂の手術法

手術の前に
知っておきたい
眼瞼下垂症治療の知識

【大阪版】
エリア別 眼瞼下垂の名医

【大阪完全版】
眼瞼下垂の手術を
得意とする病院一覧

サイトマップ