まぶたのたるみにくい生活習慣とは

まぶたのたるみは眼瞼下垂の要因になると言われています。眼瞼下垂を予防するためには、まぶたのたるみを予防することも大切なのです。

この記事では、眼瞼下垂の要因にもなると言われているまぶたのたるみを予防するための生活習慣についてお伝えします。

まぶたのたるみを防ぐ!眼瞼下垂を予防する4つの生活習慣

まぶたのたるみから眼瞼下垂を引き起こさないためにも、以下4つの生活習慣を取り入れてみましょう。

目元をこすりすぎない

「目が痒いときは気が済むまでゴシゴシこすっている」「アイメイクが濃いのでクレンジングのときにはしっかりこする」など、日常的に目元をこする習慣があると、眼瞼下垂の要因となってしまう可能性があります。

目元への刺激をゼロにすることは難しいかもしれませんが、目元に触れるときにはなるべく強い刺激を与えないように、優しく触れるようにしてくださいね。

目元のスキンケアを徹底する

まぶたが乾燥することでシワやたるみが引き起こされ、それが眼瞼下垂の原因になることもあるので注意しましょう。

まぶたは頬や額に比べてスキンケアがおざなりになりやすい箇所でもあるため、特に意識してスキンケアを行うのが大切です。最近では目元専用のパックやクリームも多く存在しますから、目元専用グッズを活用して目元のケアを充実させるのもおすすめですよ。

目の疲れを溜めない

眼精疲労が溜まると血行不良になりやすく、眼瞼下垂の原因にもなる瞼のたるみや筋肉の硬直などにつながります。

一日中スマホやPCに触れている人は、なるべくスマホやPCに触れる時間を短くしたり、目の疲れを取るためのマッサージをなどをしたりするようにしましょう。また、どうしてもスマホやPCに触れる時間が長くなってしまう人は、こまめに休憩を取るよう心がけてください。

ハードからソフトコンタクトレンズに変えてみる

日常的にコンタクトレンズを使っている場合、コンタクトレンズでまぶたに負担がかかり、眼瞼下垂が引き起こされるケースもあります。

コンタクトレンズはハードタイプよりもソフトタイプのほうがまぶたへの負担が少ないと言われているため、眼瞼下垂が気になる方はソフトタイプへの変更を検討してみてはいかがでしょうか。

生活習慣からまぶたのたるみ改善して眼瞼下垂を予防しよう

些細な生活習慣が眼瞼下垂につながっているケースは決して少なくありません。一見、たるみとは関係がないように思えても、結果的にたるみを招いてしまうこともあるのです。

ぜひ、今回ご紹介したまぶたのたるみを予防するためのポイントを生活習慣に取り入れ、眼瞼下垂を予防していってくださいね。

目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧
眼瞼下垂の手術を得意とする病院一覧

その症状は眼瞼下垂?
いますぐできる
セルフチェック

どれがおすすめ?
眼瞼下垂の手術法

手術の前に
知っておきたい
眼瞼下垂症治療の知識

【大阪版】
エリア別 眼瞼下垂の名医

【大阪完全版】
眼瞼下垂の手術を
得意とする病院一覧

サイトマップ