考えられる原因

眼瞼下垂の原因は何か。それぞれの症状に合わせた治療方法も紹介します。

眼瞼下垂の原因は

眼瞼下垂になってしまう原因は、先天性の場合と後天性の場合で異なります。

先天性の原因による「先天性眼瞼下垂症」、後天性の原因による「腱膜性眼瞼下垂症」「皮膚弛緩性眼瞼下垂症」について、それぞれ詳しく紹介します。

生まれつき眼瞼挙筋が弱い「先天性眼瞼下垂」

原因:生まれつきまぶたを上げる眼瞼挙筋が弱い

お花のイラスト先天性眼瞼下垂症は生まれつきまぶたを上げる眼瞼挙筋が弱かったり機能していなかったりする場合に起こります。はっきりとした原因はまだ分かっていませんが、遺伝により発生する場合もあるようです。

治療方法は眼瞼挙筋の機能がどれくらい残っているかにより変わります。ただ先天性の眼瞼下垂では目を大きく開くようにしてしまうと今度はまぶたが閉じなくなってしまうことも。まぶたが閉じないと角膜を傷つける可能性があるので、治療には注意が必要です。

先天性眼瞼下垂症の治療は、伸びてしまった腱膜を瞼板からはがし、一部を切り取って短くして再び瞼板に縫合する「挙筋短縮術」や、まぶたとおでこの筋肉の間に筋膜を移植して、おでこの筋肉でまぶたを上げる「筋膜(または腱)移植による吊り上げ術」があります。

瞼板と腱膜の繋がりが弱まった「腱膜性眼瞼下垂」

原因:目や目元の酷使で瞼板と腱膜のつながりが弱まったこと

後天性の眼瞼下垂の場合、そのほとんどが腱膜性眼瞼下垂症です。腱膜性眼瞼下垂症は例えば化粧を落としたり花粉症やアトピーなどでまぶたを擦る、テレビゲームやコンタクトレンズを長期間使うなどで瞼板と腱膜のつながりが伸びたり外れたりしてしまう症状です。

まぶたを上げようと前頭筋を収縮させて眉毛も上げるため、おでこにシワが寄ったり眉毛と目の間が離れたりします。治療方法としてはゆるんで外れてしまった腱膜を再び瞼板にとめなおす手術「腱膜手術」等を行います。

加齢が原因になる「皮膚弛緩性眼瞼下垂」

原因:上まぶたの皮膚が垂れ下がったこと

皮膚弛緩性の眼瞼下垂は、上まぶたの皮膚が屋根のひさしのように垂れ下がり、視野が制限されてしまう症状です。視野が制限されることで周りが見えにくくなるうえ、まつ毛が内向きになり角膜や結膜に接触して、ちくちくすることがあります。

歳を重ねることでゆるんだ上まぶたが垂れ下がる老人性の疾病でもありますが、皮膚弛緩性は高齢期ではなく思春期でも起こります。治療はまぶたを縁に沿って切り、たるんだ皮膚を切除します。

眼瞼下垂の種類別の症状

眼瞼下垂の症状は、頭痛などさまざまです。症状の出方は、眼瞼下垂の原因・種類に共通するものもあれば、異なることもあります。ここでは、眼瞼下垂で生じる主な症状を、眼瞼下垂の原因・種類別に分けて解説します。

先天性眼瞼下垂を原因とする症状

先天性眼瞼下垂は、生まれつきまぶたの筋力=眼瞼挙筋の力が弱いために起きるものであり、その主な症状は、出生時からほとんどまぶたが開いていないことです。先天性眼瞼下垂には、片方の目だけに生じるものと、両方の目に生じるものがあります。

先天性眼瞼下垂は、時間の経過とともに徐々に改善されて、目が開くようになるのものだといわれています。しかしながら、十分には目が開かないこともあるため、視野が狭くなりがちです。

その場合は、視界不良ともいうべき状態になるため、ものを見るときに頭を動かしたり眉を上げたりすることが多くなります。

また、先天性眼瞼下垂では、おでこにシワができたり、頭痛を発症したりしやすいです。

先天性眼瞼下垂による見にくい状態のままでいると、子どもの視力に重大な影響を与えかねないため、適切な対処が必要とされています。

【参考】

公益財団法人日本眼科学会:目の病気 眼瞼下垂

腱膜性眼瞼下垂を原因とする症状

後天性の眼瞼下垂である腱膜性眼瞼下垂の場合、一重まぶただったものが二重まぶたになっているとか、白目が目立つようになるなど、目で見てわかるポイントがあるといわれています。

また、見なくても自覚できる症状として大きいのが、まぶたが重くてあがらない、開かないことです。

そのため、視野を確保しようと眉に力を入れるなどすれば、おでこのシワや頭痛をもたらすこともあります。その他には、肩こりや目の奥の痛みなども起こります。

こうした症状が発生するのは、無理をしてまぶたを開けようとして、周辺の皮膚や筋肉を緊張させるためです。

ちなみに、腱膜性眼瞼下垂は後天性眼瞼下垂のほとんどを占めているようです。

【参考】

一般社団法人日本形成外科学会:形成外科で扱う疾患 後天性眼瞼下垂

老人性眼瞼下垂を原因とする症状

老人性眼瞼下垂では、逆さまつ毛や視野狭窄などの症状があるといわれています。実は、老人性眼瞼下垂の状態は腱膜性眼瞼下垂と同じものだと考えられています。簡単にいえば、腱膜性眼瞼下垂のうち、加齢によるものが老人性眼瞼下垂です。

偽眼瞼下垂

見た目や自覚症状などで眼瞼下垂に見えるものの、以下のように実際には眼瞼下垂とは異なる偽の眼瞼下垂があります。

  • 眼瞼皮膚弛緩症…皮膚が張りを失って垂れ下がっているものです。
  • 眉毛下垂…眉毛が下がることでまぶたも下がっている状態です。

偽眼瞼下垂と区別するために、本当の眼瞼下垂を真眼瞼下垂と呼ぶことがあります。皮膚の弛緩は加齢とともに進行するケースが多いため、老人性眼瞼下垂と混同しがちです。

また、交通事故などで外傷を負ったとき、後遺障害のひとつとして外傷性の眼瞼下垂になることがあります。そのため、事故後で外傷性眼瞼下垂だと思っていたものが、偽眼瞼下垂だったというケースもあり得ます。

ちなみに、外傷性の眼瞼下垂には、腱膜性眼瞼下垂と動眼神経麻痺があります。

ただ、眼瞼皮膚弛緩症を皮膚弛緩性眼瞼下垂と呼び、眼瞼下垂の一種に分類する考え方もあり、境界が曖昧なことも事実です。しかし、重視すべきは呼び方や分類ではなく、見た目の問題や自覚できる症状があることです。

したがって、これらの症状を把握して適切な対応をすることが重要だといえます。

目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧