【大阪版】眼瞼下垂の治療ガイド HOME » どれがおすすめ?眼瞼下垂の手術法 » 経結膜的眼瞼下垂手術(切らない眼瞼下垂手術)

経結膜的眼瞼下垂手術(切らない眼瞼下垂手術)

皮膚を切ることなく眼瞼下垂を治療できる「切らない眼瞼下垂手術」である経結膜的眼瞼下垂手術についてまとめました。

眼瞼下垂の手術 ~経結膜的眼瞼下垂手術~

腱膜性眼瞼下垂症に適用される、まぶたを切らずに眼瞼下垂を治療する「切らない眼瞼下垂手術」には、2通りの手術方法があります。まず1つは糸を埋め込んでまぶたの裏をぎゅっと縮める方法、もう1つはまぶたの裏側である結膜を切開して、ミュラー筋を一度瞼板から切り離し、そのすぐ裏にある外れかかった腱膜を瞼板に再度固定しなおす方法です。

お花のイラストこのしっかりと再固定する方法は「経結膜法」と呼ばれます。病院によってはこのミュラー筋を瞼板から切り離すことなく温存する「経結膜的腱膜固定術(ミュラー筋温存法)」が用いられるようになりました。

経結膜的腱膜固定術ではミュラー筋を切り離さなくても、腱膜のみを留めなおしてあげるだけで眼瞼下垂を改善させることができます。術後の腫れも少なく、ダウンタイムが他の施術に比べると少ないのが特徴です。

経結膜的眼瞼下垂手術のメリット・デメリット

【メリット】

  • 負担が少なく、術後腫れにくい。
  • 傷が目立たず自然な仕上がり。

【デメリット】

  • 左右差の調節が難しいため、術後に修正が必要な場合がある。
  • 二重幅の調整が難しい。

経結膜的眼瞼下垂手術の手術を受けた人の口コミ

  • 切らない眼瞼下垂手術を受けました。術後は結構腫れましたが、1~2週間で腫れはなくなり、3週間で自然な目元になれました。私は比較的軽度の眼瞼下垂だったので選べましたが、重度の方は難しいと思います。
  • 上まぶたが重く、決意して手術を受けてきました。術後の腫れはほとんどなく、そのまま帰れました。額に力を入れなくてもいつも目がぱっちり開けられるようになり嬉しいです。なんだかまぶしく感じるくらいです。
  • カウンセリングを複数受けて、納得できた病院で切らない眼瞼下垂手術を受けました。術後12時間から翌日の昼くらいまでが腫れのピークで、3日もすればほとんど気づかれないレベルまで落ち着きました。今まで力を入れて目を開いていた時の大きさが、今は普通の大きさになり、大満足しています。
目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧