前頭筋つり上げ術

眼瞼下垂の手術 ~前頭筋つり上げ術~

眼瞼下垂の治療には主に5通りの方法があります。眼瞼下垂の治療は基本的に手術が用いられることになります。

「前頭筋つり上げ術」はその1つで、眉毛の上の「前頭筋」と呼ばれる筋肉とまぶたをつなぐことで、眉毛の動きに合わせてまぶたつり上げられるようにする手術です。 この術式は本来まぶたを引き上げる筋肉である「眼瞼挙筋」がほとんど機能しない場合に用いられることが多いです。前頭筋とまぶたをつなぐために用いられるのは人口の膜や糸でつなぐ、またはほかの部位の筋膜を取り出して利用することになります。 手術ではまぶたと眉毛の上の前頭筋をつなぐために該当箇所を切開します。自分の筋膜を利用する場合は太腿やこめかみも別に切開する必要があります。 重度の眼瞼下垂にも効果があるとされており、医科大学の雑誌でも取り上げられています。

 

参考:『前頭筋弁を用いた直達吊り上げ術による眼瞼下垂治療』医科大学の雑誌(pdf)

前頭筋つり上げ術のメリット・デメリット

メリット

  • 眼瞼挙筋がまったく機能しないなどの重度の眼瞼下垂でも改善することができる

デメリット

  • 筋膜を採取するために太腿やこめかみなどを切る必要がある
  • まぶただけでなく眉毛の上も切る必要がある
  • 前頭筋と連動するためまばたきが自然ではなくなる
  • 上まぶたが自然に下がらない
  • 下を向いたときにまぶたの下がりが悪い

前頭筋つり上げ術が向いている人

前頭筋つり上げ術はまぶた本来の筋肉である眼瞼挙筋が機能しない場合でも適用することができる手術です。先天性眼瞼下垂や後天性でも重度の眼瞼下垂の方でも、眉毛の上の前頭筋とまぶたを連動させることでしっかりと目を開けることができるようになります。 また、老人性眼瞼下垂の場合にも前頭筋つり上げ術を適用することがあります。これは、老人性で筋肉が衰えてしまっていると、眼瞼挙筋腱膜前転術を行っても、まぶたが眼球から離れてしまい、ドライアイになってしまう傾向があるためです。

前頭筋つり上げ術の手術を受けた人の口コミ

  • 自分の顔を切るということもあり、とても不安を覚えましたが飲み薬で治るものでもないのでかなり悩みました。職場の先輩にも手術を受けた方がいたのですが、「手術自体はすぐに終わるし、術後の視野が一気に広がるよ」という話を聞いて手術を決意しました。術前術後に先生にいろいろと相談して、不安を解消できたのは良かったです。ただ、部分麻酔なので自分の皮膚が切られている感覚はあります。いまでは左右の目の大きさも同じになり手術を受けて良かったと思っています。
  • 仕事柄、パソコンをずっと見ていることが多く目を酷使していたためか、まぶたがたるんで目が逆三角形のようになってしまいました。目つきも悪く印象が良くないだけでなく、視界も悪いせいでイライラする事が増えていました。目の疲れだけでなく肩こりや頭痛なども増えてきていたので、この悪循環をどうにかするため病院に行ってみると「眼瞼下垂」と診断され、手術に踏み切りました。先生からは図を使いながら丁寧に説明をしていただいたのと、こちらの質問にも細かく答えていただいたので不安はありませんでした。術後は思っていたほど痛みもなく、仕事を休む必要も無かったので良かったです。術後の世界が一気に明るく見えたのは今でも忘れられません。職場や家でも「笑顔が増えた」と言ってもらえるようになりました。

術後の注意点

  • 手術当日は入浴・洗顔は控えましょう。翌日からは可能になります。
  • 処方された内服薬や外用薬をしっかり使いましょう。術後1週間は1日2~3回利用します。
  • コンタクトレンズは1周間控えましょう。
  • 抜糸までの間はまぶたが動いてしまうような運動は控えるようにしましょう。
  • 抜糸は状態によっては2度に分けて行うことがあります。
目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧