大阪市総合医療センター

大阪市総合医療センターでまぶたのたるみ手術を受けた人の口コミをまとめてみました。眼瞼下垂治療の方法や費用、治療の特徴についても紹介しています。

大阪市総合医療センターのまぶたのたるみ手術の特徴

大阪市総合医療センターHP
画像参照元:大阪市総合医療センター
(http://www.osakacity-hp.or.jp/
ocgh/inv/sur/keisei/gankenkasui.html)

【眼瞼下垂の治療の方法】

  • 余剰皮膚切除術
  • 挙筋タッキング法
  • 短縮法

【費用】

公式HPに記載なし

【保険適用の有無】

公式HPに記載なし

【医師の実績】

形成外科部長の今井啓介氏は日本形成外科学会専門医、日本熱傷学会専門医等の認定資格を保持しています。形成外科としての主な実績として2017年4月1日~2018年3月31日に入院手術を810件、外来手術を220件行っています。

【特徴】

大阪市総合医療センターでの眼瞼下垂の手術は、大きく分けて余剰皮膚切除術と挙筋タッキング法、挙筋短縮法の2種類を行っています。

余剰皮膚切除術は、二重のラインで切開を行い、余った皮膚を切除するという方法と、眉毛の下の皮膚を切除する方法の2種類に分かれています。

どちらも手術時間は1時間30分~2時間ほど、傷跡についても、二重の底や眉毛の際で見えにくくなっています。二重のラインで切開する方法は、二重の調整も行うことができますが、眉毛下での切開に比べ、術後の腫れが強く出る場合があります。

挙筋タッキング法、短縮法は、加齢などによって弛んできてしまったり、瞼板からはずれてしまった腱膜を再度瞼板に戻す手術方法です。

こちらも二重のラインと、眉毛下の切開の2種類がありますが、手術時間は二重ラインが1時間30分~2時間、眉毛下が2時間~3時間となっています。

また、どちらも二重の調整が可能となっており、傷跡も見えにくくなっていますが、どちらも術後の腫れが出る場合があり、両目での手術の場合は短期入院がおすすめされています。

手術方法については、患者さんの状態を詳しく検査し、医師が最適な治療方法を提案しています。

大阪市総合医療センターdata
住所 大阪市都島区都島本通2-13-22
診療時間 平日8:45~
休診日 土・日・祝日・年末年始

大阪市総合医療センターの口コミ評判

  • 物腰穏やかで優しい先生で、紹介状の内容と症状を照らし合わせながら丁寧に不安点などを確認し、丁寧に問診してくれました。
  • 大きな病院名なので安心感が大きく、とても信頼しています。病院内での連携も取れているようで違う科の相談にも迅速に対応していただけました。
  • 各科に専門の先生がおられて、最先端の医療が受けられます。待ち時間が長いこともあるのですが、院内にコンビニやカフェが入っているので助かります。
  • 手術と入院でお世話になりました。担当してくださった方たちはみんな丁寧で親切でした。こちらの話にもしっかりと耳を傾けてくれ、術後の不安な気持ちを乗り切ることができました。
目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧