maクリニック

MA皮フ科クリニックの眼瞼下垂の治療方法や特徴、費用、口コミ評判などを調べました。

女性院長の丁寧な施術が評判のクリニック

maクリニックHP
画像参照元:maクリニック公式HP
(https://www.maclinic.jp/)

【眼瞼下垂の治療の方法】

■挙筋前転法(まぶたを上げる筋肉がゆるんだり、外れている場合)

  • 大腿筋膜移植術(生まれた時から眼瞼下垂がある場合や重度の場合)保険適応のみ
  • 眉毛下切開術
  • 上眼瞼余剰皮膚切除術

【費用】

  • 眼瞼下垂手術(非保険適応):片方180,000円、両方350,000円
  • 二重 埋没法(2点):片方\70,000円、両方\120,000円
  • 二重 部分切開法:片方\100,000円、両方\180,000円
  • 二重 全切開法:片方\150,000円円、両方\240,000円
  • たるみ取り:上まぶた(上眼瞼余剰皮膚切除術)\250,000円
  • 下まぶた(ハムラ法)\350,000円
  • 眉毛下切開術:\300,000円
  • 眉毛固定術:\300,000円

【保険適用の有無】

保険適用の目安は黒目の中の瞳孔に上瞼が重なっていたら保険適用となります。

瞳孔が見える場合は保険適用ではありません。

【医師の実績】

東京女子医科大学卒業後は北里大学形成外科・美容外科にて研修。

長野県の佐久総合病院に出向し、一般外科と整形外科を1年6カ月研修されています。

その後、横浜南共済病院勤務を経て北里大学に戻りチーフレジデントを経験。

平成19年、東京白金にある北里研究所病院形成・美容外科にて、主に眼瞼下垂と乳房再建を担当し、翌年同病院形成外科医長に就任。結婚後は大阪大学形成外科入局され、平成26年10月、MAクリニック心斎橋院長就任しています。

【治療方針】

院長ご自身が、幼少時代からアトピーで悩み、苦労された経験から、クリニックでは医学的に治療効果が証明されている、最新の医療をベースに治療を実施されています。形成外科専門医、そして皮膚外科医として、皮膚腫瘍手術(皮膚癌も含む)、外傷処置、やけど全身管理などの経験を活かし、傷跡が目立たない手術をモットーにされています。

maクリニックの口コミ評判

  • 子連れで治療を受けるのは難しいと思っていましたが、自由診療を受診する場合、提携している保育園で子どもの一時預かりをしてくれます。一人までなら無料で、二人目からは自己負担となりますがこのサービスはとってもありがたい!子育てで忙しい日々のリフレッシュになりました。
  • 完全予約制で、土日の診療もあるため仕事を休めない方でも安心です。また、初めての診療でもインターネットから予約できるところもクリニックをおすすめしたい理由の一つです。
  • 院長のブログには様々な症例と写真が掲載してあるので、事前リサーチのしやすさが魅力です。
  • オーダーメイド治療と言って自分に合った施術を提案してくれます。また施術の際は、いいことばかりでなくリスクなどのデメリットも伝えてくれるので患者を大切にしていることが伝わってきます。
  • 初診でも予約できるので、混みあっていることがほとんどありません。予約した時間に患者さんが来るので、待合室がぎゅうぎゅうになることなく、ゆったりとできるところが気に入っています。
  • 人口が多いところなので、患者さんはかなり多いです。予約を入れないで行くと、めちゃくちゃ待たされます。初診でも予約できるので、絶対に予約してから訪れることをおすすめします。
目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧
眼瞼下垂の手術を得意とする病院一覧

その症状は眼瞼下垂?
いますぐできる
セルフチェック

どれがおすすめ?
眼瞼下垂の手術法

手術の前に
知っておきたい
眼瞼下垂症治療の知識

眼瞼下垂の名医がいる
大阪のクリニック

【大阪完全版】
眼瞼下垂の手術を
得意とする病院一覧

サイトマップ