【大阪版】眼瞼下垂の治療ガイド HOME » 手術の前に知っておきたい眼瞼下垂症の基礎知識

手術の前に知っておきたい眼瞼下垂症の基礎知識

眼瞼下垂症の治療で知っておきたいこととは?手術の基礎知識をまとめます。

必ず読んでおきたい眼瞼下垂症治療の基礎知識

お花のイラスト眼瞼下垂症と診断された場合、一般的な治療では手術を受けることとなります。目元の手術ということで不安な方も多いことでしょう。顔なので目立ちますから、失敗なんて考えたくないものです。また保険適用はあるのか、費用はどれくらいかかるのかなど、手術に関する疑問も多いものです。クリニックにカウンセリングへ行く前にこのような疑問や不安はなるべく解消していきましょう。眼瞼下垂症治療における基礎知識について紹介します。

眼瞼下垂と診断されたら

眼瞼下垂症というのは、いわゆる上瞼のたるみですが、加齢にともない起きるものであっても、単なる老化現象とあなどることのできない場合があります。加齢に伴う眼瞼下垂には2種類あります。上瞼の皮膚が垂れてきて視野を防いてしまうものと、上瞼を動かす機能が加齢とともに変化するものがあります。

原因は違えども、狭くなった視野をなんとか広げようとして、慢性的な頭痛や肩こり、眼精疲労を感じるようになるのです。有効な治療手段は手術であり。最も適した手術方法を選ぶことが望まれます。病的な要素がある場合、その症状が深刻な場合は、保険適用となることもあります。手術を受けると見た目の印象も若返りますのでアンチエイジング効果も期待できます。

そのため、保険対象となる診断を受けたとしても、自由診療を選び、目元の印象を若々しくすると同時に身体的な症状の緩和を行うことが、総じて好ましい結果となるケースもあります。

美容目的の二重整形との違いは?

保険診療で受ける眼瞼下垂術の目的は、肩こりや片頭痛といった不定愁訴(ふていしゅうそ)、体調の不良を改善することです。そのため、好みの二重に仕上がるような配慮を求めることはできません。傷あとは二重になることもありますが、場合によっては二重にならないこともあります。

二重整形の手術ではカウンセリングを行い、鏡を見ながら本人の希望に沿った二重に仕上がるような配慮がされます。聞き取りの上で理想の二重瞼を作るのに最適な施術を行います。

保険診療の適用とならない二重整形とは?

美容目的で行われる二重整形施術の種類には、主に次のようなものがあります。カウンセリングで希望する仕上がりを確認し、二重の形や瞳の大きさとのバランスを考えて、施術方法が検討されます。

埋没法

瞼を2か所ほど縫い留めて二重に開くようにしてあげるもの。何か所留めるかは、カウンセリングを受けて、相談をしながら決めていきます。メスをいれることなく部分的に縫い留めるだけなので、二重の形をキープしにくいという難点があります。

切開下二重術

瞼の一部を二重のシワとなる部分を外科的に作るもの。切開する広さが全切開の3センチほどに及ばないもの、1センチ程度の手術を、部分切開下二重術と呼びます。切開して強制的に二重を作りますので、埋没法と比べて、二重の持続性が高いという特徴があります。

眼瞼下垂術

保険診療で行われる眼瞼下垂術を応用して美容整形として行われるものです。瞼を上げる筋肉に繋がる腱を瞼に縫い留めます。そのため、瞼の動きに連動しながら瞳の皮膚が内側に引きこまれます。二重が生じるようなシワが作られます。美容整形では、その力を利用し、より美しいシワができるようプラスアルファの施術を行います。

眼瞼下垂と診断されたら保険適用の手術を選ぶべき?

二重瞼美容整形には、眼瞼下垂症に適応される手術を応用させたものが含まれています。そのため混同されがちですが、二重整形のために行う自由診療の眼瞼下垂術と疾病改善のために行われる眼瞼下垂術は全く同じではありません。

保険適応できる疾病だと診断された場合であっても、施術後の二重の美しさにこだわりたい場合は、費用はかかりますが、自由診療で眼瞼下垂の手術を選択するのもよいでしょう。

費用はどれくらい?

眼瞼下垂症の費用は保険適用ができるかどうか、選ぶ手術方法によって変わってきます。保険診療の場合は、自己負担3割の方の場合は、5万程度で手術を受けることができます。また、任意で加入している民間の医療保険の種類によっては、手術給付金の対象になることもあります。自由診療の場合は、クリニックによって料金は大きく変わるので、カウンセリングなどで事前に確認しておくことが大切です。手術に関わる費用全てを試算し、納得してから手術を受けるようにしましょう。

保険適用されるには?

眼瞼下垂症の手術には基本的に保険適用がされます。ですがクリニックによっては眼瞼下垂が原因で日常生活に支障があるほど重症だと診断されないと、保険適用がされないこともあります。また美容目的での手術の場合も自由診療となります。保険適用かどうかの判断は、クリニックや医師によって変わるので、きちんと確認しておくことが大切です。

術後の腫れや痛みはある?

顔という目立つ部分での手術となるため、気になるのが腫れや痛みなどのダウンタイムです。眼瞼下垂症の手術は一般的にまぶたを切開するため、ダウンタイムは長引く傾向があります。ダウンタイムを気にする方は、切らない眼瞼下垂症治療を選択すると良いでしょう。医師の腕による部分も多いので、名医を選ぶのも重要です。

失敗はあるの?

目元をキレイにしたいと思って手術を受けたのに、失敗してしまったら元も子もありません。手術を受けるうえで失敗は考えたくないものですが、実際のところは失敗する症例もあるようです。ただし失敗によるリスクも医師の技術が高ければ高いほど確率は低くなります。トラブルやリスクを避けるためにも、医師の技量を実績や口コミから見極めましょう。

もし失敗したら?

保険診療の場合は瞼の開きを改善して視野を広げることが目的です。もし万が一、手術後に左右両方の目の開き具合がアンバランスになった場合でも、視野を広げることに成功していれば再手術の適応になることはありません。

自由診療の二重瞼美容整形手術では、事前のカウンセリングで本人の希望の見た目をかなえるように施術を行います。もし万が一、手術後に左右両方の見た目が期待していたもと大きく違っていたり、左右の印象がアンバランスになった場合には、再手術を受けることができます。

名医と出会うためには?

眼瞼下垂症の手術はクリニック選びによって結果が左右されます。まずは信頼のおける名医を探すことでリスクを最小限にしましょう。名医を探すポイントは6つ。「実績が多い」「保険診療がある」「症例を紹介している」「美容外科である」「形成外科の専門医がいる」「切らない方法を扱っている」かをチェックしてみましょう。

また、隔膜前脂肪切除(ROOF切除)など、難易度の高い手術を行っているクリニックに、比較的技術力が優れた名医に出会える確率も高いと言えます。

【参考】

 

目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧