【大阪版】眼瞼下垂の治療ガイド HOME » 【大阪版】眼瞼下垂の名医がいるクリニック

【大阪版】眼瞼下垂の名医がいるクリニック

大阪エリアの眼瞼下垂の名医

眼瞼下垂治療の手術は難易度が高いため、執刀する医師の技術力や知識、実績がモノを言います。こちらのページでは、数多くある眼瞼下垂治療を取扱っているクリニックの中から、名医のいるクリニックを選りすぐって紹介しています。それぞれのクリニックの特徴や院長の実績、保険適応の有無などをクリニック選びの参考にしてください。

恵聖会クリニック:鬼頭恵司先生

恵聖会クリニックHP

*引用元:恵聖会クリニック公式HP
(http://www.keisei-cs.com/)

■先生の経歴

  • 日本医師会会員
  • 日本美容外科医師会正会員
  • 日本美容医療協会員
  • 日本抗加齢美容医療学会正会員
  • 日本臨床医学発毛協会会員

■鬼頭恵司先生の紹介

 

 

1992年に国立岐阜大学医学部を卒業。卒業後は大学病院や関連の市民病院で医療に従事。ICU・小児科・婦人科・外科一般を学ぶ。その研修で、形成外科や美容外科の基本となる麻酔手技や微細外科手術手技などを習得し、市民病院の小児科で勤務されていたときに転科。大手美容外科に勤務を開始する。

2000年6月に恵聖会クリニックを創設。京橋院の院長に就任。2005年には心斎橋院を開設した。

美容医療の分野は一部、悪徳商法を展開しているクリニックもあり「患者が安心できるクリニックにしていきたい」という信念をもつ。技術の向上はもちろん適正な価格設定、術後の万全のアフターケアをモットーとして取り組んでいる。

また、患者の希望にできるだけ添えるようにプチ整形やレーザー治療、本格的な手術まで、幅広く対応。時代の流れにも敏感になることが美容医療には必要と考え、新しい技術も導入している。

その姿勢が口コミで広まりリピーターや紹介の来院者が多いのが特徴。

後継の人材を育てるための指導にも力を入れており、スタッフ一同が意識を高め、関西圏で一番といわれるようなクリニックを目指している。

 

公式ページへ

■クリニック情報

・心斎橋院:大阪府大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F

・京橋院:大阪府大阪市都島区東野田町2-3-19 MFK京橋駅前ビル5F

近畿大学附属病院の形成外科に勤務をしながら、同大学にて講師として指導。その後、系列病院の形成外科部長や、有名美容外科での手術経験を経た医師が、カウンセリングから手術まで、責任を持って対応をする。

このクリニックには、美容外科・形成外科・皮膚科の専門医が揃っており、高度な医療技術と適正価格、徹底したアフターケアをコンセプトとした治療で、多くのリピーターや紹介患者が通う。

美容外科 保険適用 切らない手術

うえむらクリニック形成外科:植村 冨美子先生

うえむらクリニック形成外科HP

*引用元:うえむらクリニック形成外科公式HP
(http://ucpf.jp/)

■先生の経歴

  • 医学博士・日本形成外科学会専門医
  • 日本医師会認定スポーツ医
  • 皮膚腫瘍外科指導専門医

■植村富美子先生の紹介

 

 

医学部に在学中、テレビに映った美容外科の施術の様子を見て、衝撃を受ける。それをきっかけに、美容医療の道に進むことを決意。昭和59年に医師登録され、形成外科一筋に取り組んできた。

植村医師は、レーザー治療や目の周りの手術のエキスパート。特に、アイチエイジングを中心とした「切らない治療」を提案。自身が手術を経験し、傷跡やリハビリの大変さを実感。その経験から、ダウンタイムも短期間で、社会生活になるべく支障が出ないようにという配慮で、できるだけ切らない治療方法を提案している。

使用する薬剤や機械、すべてにおいて安全第一がモットー。また、美容の目的でも、医学の道から外れないということを大前提にして「正しく診断すること」も重要視している。

医院全体で、常に技術の向上に努め、価格も適正に設定し、術後には安心していただけるように、保証制度を取り入れた万全なアフターケアを実施しています。植村医師は、常に患者様に寄り添って治療をされているとのこと。患者の話をよく聞くことと、信頼関係を築いていくことを、大切にしている。そのため、リピーターやご紹介者の患者様が多くいることも医院の特徴のひとつである。

町医者であった、植村医師の父親の言葉「医は仁術」の精神を忘れずに、これからも「すべては患者様の笑顔とご満足のために美容医療に従事していきたい」と語っている。

 

公式ページへ

■クリニック情報

・大阪府大阪狭山市半田1-43-1 エクセレンシーアイ1F

24年形成外科だけに取り組んできた、うえむらクリニック形成外科の院長。アンチエイジングを中心とした切らない治療を提案する。

形成外科外来手術全般から美容外科手術まで、ほとんどの施術に対応できる設備とスタッフをそろえたクリニック。メディカルフットケアや男性の毛髪専科もあり。

美容外科 保険適用 切らない手術
X

共立美容外科:和出 泰典先生

共立美容外科HP

*引用元:うえむらクリニック形成外科公式HP
(http://www.kyoritsu-shinjuku.com/)

■先生の経歴

  • 日本美容外科学会会員
  • 日本美容外科医師会会員
  • 日本脳神経外科学会専門医

■和出泰典先生の紹介

 

 

和出医師は、1997年に福井医科大学医学部を卒業後、岡山大学附属病院に入局。2007年に共立美容外科、大阪院院長に就任。

子どもの時からピアノやギターも続けており、手先が器用という長所を活かして携わっている仕事なので「現在までは特に苦労を感じたことはない」のだそう。和出医師の施術を見たスタッフからもその「器用さ」には驚かされたとの声が上がっているようだ。

和出医師のポリシーは、患者の想いや希望していることをしっかりと把握し、その希望に沿いながら、丁寧で正確な施術を行うことだそう。人とのコミュニケーションを大切に、クオリティーの高い、患者の立場に立った治療を行うことを信念とされているようだ。

「良い医師とは、確かな技術と知識をもっていることだ」と、考えている和出医師。

医師として技術の向上に努力しながら、新しい手法も開発していきたいと、日々、美容医療に力を注いでいる。

 

公式ページへ

■クリニック情報

・大阪府大阪市中央区西心斎橋1-1-13 東邦ビル5・6F

岡山大学付属病院や大手美容クリニックなどで、院長を任されてきた医師。日本脳神経外科学会専門医に認定されているなど、繊細な施術を得意としている。

全国に21院を展開する大手美容外科。一人一人に適した施術を提供するため、経験豊富な医師が時間をかけてカウンセリング。特に二重整形は独自の技術によりダウンタイムが少なくキレイな目元になれると好評。

美容外科 保険適用 切らない手術
X
目瞼下垂の手術を得意とする病院一覧